- みなさまの目の健康を守ります -【武蔵小金井 さくら眼科】
  • 文字標準
  • 文字拡大
  • 背景黒
  • 背景白

目の病気について

白内障

目の中にある水晶体というレンズが白く濁る病気です。

健康な目と白内障の目

病気とはいっても、70歳以上になるとほとんどの人に発症していますので、特別な病気というよりは加齢現象の一種とお考えください。

また、加齢性の白内障以外に、若年性(50歳以下)に発症する白内障として、外傷やアトピーによるもの、ぶどう膜炎など眼の炎症に続発するものなどがあります。

いずれにしましても白内障になると、濁ったレンズを通して見ることになりますので、だんだんと視界がかすんできます。眼内のレンズが濁っているため、眼鏡など目の外のレンズをいくら交換しても、見えるようにはなりません。基本的には年単位でゆっくり進行する病気ですので、初期の段階では点眼薬で様子を見ることが多いですが、薬で治すことはできませんので、進行すれば最終的には手術を受けていただくことになります。

手術の手順

手術を受けていただくと、視界が一気に明るくなりますので、術後の見え方に感動する方が多いのも特徴です。治療を急ぐ病気ではありませんが、手術の安全性も高まっておりますので、あまり放置しすぎるのもメリットが少ないかと考えます。手術の時期に関しては、当院では基本的には患者様の意向を優先しておりますが、手術の最適な時期というのもありますので、定期的な検診を受けて相談していただくことをおすすめしております。

白内障の手術についてはこちらを参照してください。