- みなさまの目の健康を守ります -【武蔵小金井 さくら眼科】
  • 文字標準
  • 文字拡大
  • 背景黒
  • 背景白

目の病気について

眼精疲労

不定愁訴(症状はあるが、それに見合った病気がみつからない状態)として片付けられることの多い疾患の代表的なものです。

症状

  • 眼の奥の痛み
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい

原因

  1. 調節障害(老眼・調節痙攣・調節麻痺)
    調節とは、眼内の毛様体筋を動かすことで水晶体(レンズ)を厚くしたり薄くしたりして、ピントが合う距離を変化させることをいいます。この機能が落ちると、なかなかピントが合わないために、必要以上に毛様体筋に負荷をかけてしまい、眼精疲労の原因となります。最も一般的な状態が老視(老眼)です。これは誰もが避けることのできない加齢現象で、一般的には40代半ばから実感してくることが多いのですが、実は30歳前後から徐々に始まっている生理現象です。
    また、老眼年齢でない方でも、調節が病的に障害される、調節痙攣や調節麻痺といった病態もしばしば見られます。
  2. 斜位
    斜位とは、目の向き(位置)の異常で、普段は正常な位置にあるのですが、潜在的に目の位置のズレがある状態のことをいいます。特に外斜位(外に目がずれやすい人)は、普段から目の向きを正常(内側)に寄せる負荷がかかっているのですが、近くを見る際はさらに寄り目にしないといけないために、普通の人以上に負荷がかかり眼精疲労の原因となりえます。
  3. 生活環境
    視力がいい人(元々いい人だけでなく、眼鏡やコンタクトレンズ、あるいはレーシックなどで矯正している人も含めます)が近くを見る際には、前述の調節機能を使い続けていることになります。その状態が長く続けば当然、眼精疲労にはなりやすいため、パソコンやスマートフォン、事務作業といった近方作業も原因として重要です。
  4. 眼鏡やコンタクトレンズ
    度数の合っていない眼鏡やコンタクトレンズも原因となりえます。

治療

調節障害が原因となっている方には、調節障害を改善させるような治療薬を使用したり、障害されている調節を補う度数の眼鏡などを処方したりしますが、治療は長期戦になることが大半です。

また斜位が原因と考えられ場合、斜位を補うためのプリズム眼鏡(目の角度を補正するレンズ)を処方したり、場合によっては、手術で目の位置を調整したりすることもあります。

遠視や度の合っていない眼鏡・コンタクトレンズが原因の場合、適切な度数の眼鏡を処方することで対応します。

当院では、国家資格である視能訓練士の資格を持った検査員が、眼鏡の度数を測定し、眼鏡処方箋を発行しております。

また度数測定だけでなく、フレームの選択・レンズの加工・フレームの調整なども一貫して視能訓練士が行うスタイルの眼鏡店『市来眼鏡』とも提携しておりますので、お気軽にお問い合わせください。