- みなさまの目の健康を守ります -【武蔵小金井 さくら眼科】
  • 文字標準
  • 文字拡大
  • 背景黒
  • 背景白

目の病気について

黄斑上膜(黄斑前膜)

黄斑部分に膜が張っている状態です

網膜の中心部分、もっとも見え方や視力に影響する重要な部分を黄斑といいます。黄斑上膜とは、その名の通り、黄斑部分になんらかの原因で膜が張っている状態です。網膜裂孔やぶどう膜炎が原因のこともあれば、特に原因がない場合も多いです(特発性黄斑上膜)。

症状

無症状のことも多いですが、膜が黄斑の細胞を引っ張って歪めるため、線などが歪んで見える(変視症)といった症状がでることが一般的です。多少の歪みはあっても、初期の段階では、視力は落ちないケースも多く、進行は非常に緩やかなケースがほとんどですので、緊急性のある病気ではありません。

検査

眼底検査をすれば分かることも多いですが、OCTで網膜の断面図を測定することで、より明確に分かります。

当院では最新の高解像度OCTを導入しておりますので、ゆがみが気になる方は一度検査を受けに受診してください。

治療

治療法としては、手術しかありません。網膜硝子体手術で、この膜を剥がします。手術の注意点としては、膜の状態にもよりますが、手術できれいに膜を剥がしても、ゆがみの症状はそのまま残ることも多いという点です。ではなぜ手術するかというと、そのままにしておけば、さらに膜が厚くなって、歪みがひどくなるケースがあるからです。

上記の理由より、この病気が見つかったから急いで手術するというよりは、白内障手術をする際に、一緒に手術してしまうケースが多いのが実情です。(その方が患者さんの負担も少ないので)