- みなさまの目の健康を守ります -【武蔵小金井 さくら眼科】
  • 文字標準
  • 文字拡大
  • 背景黒
  • 背景白

目の病気について

麦粒腫・霰粒腫

まぶたが腫れたり、まぶたにしこりができたりする疾患です

両疾患ともまぶたが腫れたり、まぶたにしこりができたりする疾患ですが、原因が異なり、別の疾患になります。

麦粒腫

粒腫イメージ

いわゆる“ものもらい・めばちこ・めっぱ”等と呼ばれる疾患です。まぶたにあるマイボーム腺(まつ毛の根もとにある脂腺)などに細菌感染がおこることが原因です。最初は部分的な赤みがあり、軽い痒みがある程度ですが、次第に赤みの範囲が拡大し、腫れや痛みがでてきます。まずは抗生剤の点眼や内服などによる治療を行いますが、腫れの状態や持続期間によっては切開排膿(切って膿を出すこと)することもあります。

霰粒腫

霰粒腫イメージ

まぶたにある目に脂を分泌する瞼板腺がつまってしまい、慢性的な炎症が原因となって肉芽腫という塊ができて腫れる病気です。同じ場所に再発することもあります。塊が小さい場合は、消炎剤などの点眼治療を行います。大きい場合は、ある程度炎症が治まった後、消炎剤の注射や切開などをして、たまった内容物を取り除く治療を行うこともあります。外科的治療を行わずして自然消退するケースも少なくありません。