- みなさまの目の健康を守ります -【武蔵小金井 さくら眼科】
  • 文字標準
  • 文字拡大
  • 背景黒
  • 背景白

診療・手術のご案内

フェイキックIOL(ICL)手術

近視や乱視を矯正し、強度近視の方でも受けられる治療です

フェイキックIOLとは日本語で『有水晶体眼内レンズ手術』といい、水晶体を温存したまま眼内レンズを挿入することで、近視や乱視を矯正するという屈折矯正手術になります。レーシックのように、度数に比例して角膜を削る必要がありませんので、強度近視の方でも受けられる治療になります。

当院では最新のICL(ホールICL)というレンズを使用しております。

フェイキックIOL(ICL)手術治療の流れ

  1. 1
    1
    点眼麻酔と散瞳剤を点眼します。
  2. 2
    2
    強膜と角膜の境目を数ミリ切開します。
  3. 3
    3
    レンズを挿入します。
  4. 4
    4
    レンズ位置を調節し、虹彩と水晶体の間で固定します。
  5. 5
    5
    点眼で瞳孔を縮めて終了です。

レーシックとの比較

メリット
  • 強度近視でも手術が可能
  • 矯正精度が高く、見え方のクオリティが非常に高い!
  • 角膜を削らないため、ドライアイになりにくい
  • 近視の戻りがない
  • 万が一の際には、抜去することが可能(滅多にないが)
デメリット
  • やや高価
  • レンズの納品まで時間を要する
    (在庫がある度数は1週間程度、ないレンズは2ヶ月程度)

料金表

フェイキックIOL手術(ホールICL使用) 両眼600,000円(税別)

※ 術後6ヶ月目までの定期検査代および初回に処方する各種点眼薬1本ずつの料金が含まれます。 ※ 目薬の追加処方は有料です。