- みなさまの目の健康を守ります -【武蔵小金井 さくら眼科】
  • 文字標準
  • 文字拡大
  • 背景黒
  • 背景白

診療・手術のご案内

多焦点眼内レンズ手術

多焦点レンズとはその名の通り、複数の距離にピントがあう、
いわば遠近両用の眼内レンズになります。

白内障手術では、濁った水晶体を除去して、代わりに眼内レンズを挿入することで、除去した水晶体の代わりとします。

通常の保険診療で行う白内障手術の場合、使用するレンズは単焦点レンズといい、どこか1ヶ所にはピントが合うのですが、それ以外の距離のものにはピントが合いませんので、基本的には術後に眼鏡を使用する必要があります。(普通に老眼や近視の人が眼鏡を使うのと同じとお考えください)

一方で、多焦点レンズとはその名の通り、複数の距離にピントがあう、いわば遠近両用の眼内レンズになります。そのため、術後に裸眼で見える範囲が広がり、眼鏡を使う必要性が非常に少なくなります。

単焦点レンズと多焦点レンズの
見え方の違い

多焦点レンズにもいくつか種類があるのですが、それぞれのレンズに異なった特性があります。当院ではレンズのラインナップを可能な限り増やし、患者様の見え方に対する希望に応じてレンズを選択させていただいております。

また、新聞などの活字や手芸など近くをより重視したいのか、あるいはパソコンや楽譜など中間~遠方距離をより重視したいのか、など、患者様のライフスタイルも考慮して使用するレンズを選択いたします。

さらに最新型の多焦点レンズとして、トリフォーカルレンズ(3焦点=遠・中・近)も扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。