- みなさまの目の健康を守ります -【武蔵小金井 さくら眼科】
  • 文字標準
  • 文字拡大
  • 背景黒
  • 背景白

先進医療について

先進医療とは

先進医療とは、厚生労働省が定めた高度な医療技術を用いた最先端の医療技術のことです。眼科の分野では、『多焦点眼内レンズを用いた白内障手術』がこれに該当します。通常、保険外診療にかかる費用は全額自己負担となりますが、厚生労働省が認定した先進医療施設で先進医療の治療を受ける場合に限り、その治療費用は民間の生命保険などの先進医療特約の給付対象となり、また手術前後の診療には通常の健康保険が適応されます。

  先進医療認定施設 通常の施設
先進医療保険に
加入している方
先進医療保険に
未加入の方
術前の検査費用 健康保険適応(1~3割負担) 健康保険適応(1~3割負担) 全額自己負担(10割負担)
手術費用 先進医療保険適応(保険会社よりほぼ全額給付) 全額自己負担(10割負担) 全額自己負担(10割負担)
術後検診の費用 健康保険適応(1~3割負担) 健康保険適応(1~3割負担) 全額自己負担(10割負担)
多焦点眼内レンズによる白内障手術は先進医療保険の適応です。
当院は、『多焦点眼内レンズを用いた白内障手術』に関する先進医療認定施設です。当院で『多焦点眼内レンズを用いた白内障手術』を受ける場合、民間の生命保険などに付帯する先進医療特約の適応となりますので、手術費用の全額が保険会社から給付されることもあります。

多焦点眼内レンズによるレーザー白内障手術についてはこちら

多焦点眼内レンズによる白内障手術についてはこちら