- みなさまの目の健康を守ります -【武蔵小金井 さくら眼科】
  • 文字標準
  • 文字拡大
  • 背景黒
  • 背景白

診療・手術のご案内

ロービジョンケア

当院ではロービジョンケアとして、今後、体制が整い次第、
以下の内容のロービジョン外来を予定しております。

ロービジョンとは

ロービジョンとは視機能が弱く、眼鏡などをしても、視力を矯正するのが難しい目の状態のことです。障害等級に準じて視覚障害が認定されますが、最近の考え方では、光覚・手動弁・指数弁から、全色盲など、日常生活に支障をきたすほど「見えづらい方」は、すべてロービジョン者です。

ロービジョンケアとは

いろいろな病気により「見えづらく」なり、日常生活に支障を来たしている方が、補助具を用いて残存している視機能を最大限に生かすことにより、Quality of life(QOL)を向上させることを目指します。

  1. 見えづらくても、本が読みたい
  2. 見えづらくても、いろいろと出かけたい
  3. 見えづらくても、コンピューターを使いたい

このような、患者さんのご希望をサポートします。

ケア体制

各患者さんのニーズに応じて行います。例えば、

  • 拡大読書器、ルーペ、単眼鏡、遮光眼鏡などの各種補装具のご紹介
  • ロービジョングッズの紹介、テープ版AERAなど
  • 更生施設の案内
  • コンピューター(拡大機能、音声ソフト)のデモ